ローカル・ルール

【柔術】

黒帯 茶帯 紫帯 青帯 白帯

階級(道着込みの体重)

男子:ルースター級(-57.5kg)ライトフェザー級(-64.0kg)フェザー級(-70.0kg)ライト級(-76.0kg)ミドル級(-82.3kg)ミディアムヘビー級(-88.3kg)ヘビー級(-94.3kg)スーパーヘビー級(-100.5kg)ウルトラヘビー級(上限なし)アブソルート級(無差別)

女子:ルースター級(-48.5kg)ライトフェザー級(-53.5kg)フェザー級(-58.5kg)ライト級(-64.0kg)ミドル級(-69.0kg)ミディアムヘビー級(-74.0kg)ヘビー級(-79.3kg)スーパーヘビー級(84.3-kg)ウルトラヘビー級(上限なし)アブソルート級(無差別)

年齢

アダルト(~29歳)マスター(30~34歳)マスター1(35~39歳)マスター2(40~44歳)マスター3(45~49歳)マスター5(50歳~)

試合時間

アダルト黒帯 10分 アダルト茶帯 8分 アダルト紫帯 7分 アダルト青帯6分 アダルト白帯5分 アダルト以外は全て5分

服装柔術着、あるいは柔道着(色は自由)

①破れ・ほつれのない物 ②胴回りや腕部・脚部の幅の太過ぎない、あるいは細過ぎない物 ③袖は手を前に出して手首のくるぶしから5cm以内 ④上衣の着丈は尻の半分以上が隠れること ⑤ズボンの長さは直立して足首のくるぶしから5cm以内 ⑥襟の厚さが厚過ぎない物 ⑦パッチは襟、前腕、ズボンの裾にはつけないこと

※明らかにおかしい道着は、チェッカーでチェックします。

※ファールカップは不可。

※指輪、ネックレス、ミサンガなどの装飾品は試合前に外してください。

※サポーターの着用は基本的に可としますが、試合中に外れたりずれたりして危険、あるいは試合続行に支障を与えると審判が判断した場合は、外すことを指示することがあります。

※ズボンの下には、必ず下着を履くこと。試合中に履いていないことが判明したら失格とします。

※女子は、上衣の下にはラッシュガードを着用すること。男子は上衣の下は裸。

勝敗

・関節技あるいは絞め技による一本

・ポイント(得点ポイント、アドバンテージポイント)による判定

・ポイントが同点の場合、審判判定

ポイントシステム

・テイクダウン2P 

・スイープ2P

・パスガード3P

・ニーオンザベリー2P 

・マウントポジション4P(バックグラブからのマウントはポイントなし)

・バックグラブ 4P

※すべての得点ポイントは3秒間そのポジションをキープすることを基本とし(テイクダウンはテイクダウン後トップポジションを3秒間キープすること)、それ未満はアドバンテージとする。その判断は審判に全権を委ねられる。

反則1(反則負けになる反則)

①外掛け(相手の膝が危険な角度にねじれた場合) ②ヒールホールド ③バスター ④スープレックス(持ち上げて頭から落とす投げ) ⑤かにばさみ ⑥ネックロックおよび脊椎への攻撃(すべてのポジションにおいて腕あるいは脚で直接頸や腰を折る、ねじる行為) ⑦試合中に自ら試合場から出る ⑧試合中に試合場外の者に触る ⑨セコンドが選手に触る ⑩悲鳴・大声を出す ⑪相手選手や審判に対する暴言、暴力(セコンドが行った場合、試合をしている選手が反則負けとなる) ⑫すべての打撃 ⑬噛みつき ⑭目つぶし ⑮金的への攻撃 ⑯相手の鼻腔、口腔、肛門に指を入れる ⑯髪の毛をつかむ ⑰掌で首を絞める ⑱3本以下の指をつかむ ⑲道着の裾に指を入れる ⑳失禁

反則2(減点になる反則)

①厭戦行為、遅延行為(組み合わない、もつれて試合場から出る、試合場の中央で闘おうとしない、抑え込んだまま動かない、トップあるいはガードポジションのまま動かない、ダブルガードで展開がない等)②不要に相手をはたく、突き飛ばす 不要な威嚇 ③相手の身体をつかむ前に座る、膝をつく ④すべての反則1(反則負けになる反則)の未遂行為 ⑤すべての非紳士的な行為

反則2は、1回目はーA,2回目はーAと相手にA,3回目は相手に2P,4回目は反則負けとなる。

反則2であっても、明らかなる悪意が認められた場合は、即刻反則負けとする。

白帯(グラップリングのビギナー)は、アキレス腱ホールド以外の足関節技、リストロック(手首を極める関節技)、股裂き、頭を相手の体の外側に出しての片足タックル、相手の頭部をつかんでの引き込み、手で直接腹部を圧迫する、足で胴を絞めて圧迫するは反則1となる。

紫帯以下(グラップリングのアドバンス、ビギナー)では、アキレス腱ホールド以外の足関節技、筋腹を潰す技は反則1となる。

その他

①試合中の偶然の事故で怪我をして試合続行が不可能になった場合、対戦相手の勝利とする(大会ドクターの判断を絶対のものとする)。②勝者が怪我によりそれ以降のトーナメントの出場が不可能になった場合、次の試合は対戦相手の不戦勝とする(敗者の繰り上げはなし)。③試合開始までに試合場に現れなかった時、試合開始までに適切な道着を用意できなかった時、道着が破けた時にすぐに替えの道着が用意できない時は失格負けとする。


【グラップリング】

カテゴリ

・エキスパート(柔術黒茶帯、あるいは経験3年以上)

・アドバンス(柔術紫青帯、あるいは経験3年未満)

・ビギナー(柔術白帯、あるいは経験1年未満)

体重カテゴリ

男子:-65kg、-75kg、-85kg、+85.1kg、無差別級

女子:-50kg、-57.5kg、-65kg、-72.5kg、+72.6kg、無差別級

年齢カテゴリ

なし

試合時間

5分(全てのカテゴリにおいて)

服装

上衣:ラッシュガード(体にピッタリした伸縮素材のもの)※裸、Tシャツは不可。

下衣:ファイトショーツ(ポケット、ボタン、止め金がなく、金属やプラスチックの部分が無いもの)、柔術着のズボン

※ファールカップ可、サポーターは不可(テーピングは可)

※ファイトショーツ、ズボンの下には、必ず下着を履くこと。試合中に履いていないことが判明したら失格とする。

勝敗

柔術と同じ

ポイントシステム

柔術と同じ

反則

柔術と同じ


【キッズ柔術】

白帯 灰帯 黄帯 橙帯 緑帯

体重

カテゴリは設けず、体重と帯色の近い選手同士で試合を組みます。

※ 体重は5kg以内、帯色は次の帯(白&灰,黄&橙など)まで。

試合時間

6歳以下:2分 7~9歳:3分 10~15歳以下:4分 16~17歳:5分

服装

柔術と同じ

勝敗

・関節技あるいは絞め技による一本(事故防止のために早めにとります)

・ポイント(アドバンテージポイントはなし)による判定

・ポイントが同点の場合は審判判定

反則

上記に記した柔術の反則に加え、15歳以下では

①すべての足関節技(アキレス腱固めもダメ)②前腕を使った絞め(袖車絞め,エゼキエルチョーク)③オモプラータ ④三角絞めの際に手で頭を引き付ける行為 ⑤アームトライアングル(アナコンダチョーク,ダースチョークなど)⑥ギロチンチョーク

は反則1(反則負けとなる反則)とします。

キッズは、反則2(減点になる反則)を5回で2P減点、6回で反則負けとします。